本庄繁

提供:Shirakaba.link
ナビゲーションに移動 検索に移動
  • ほんじょう しげる
  • 本庄 繁
  • 陸軍大将従二位勲一等功一級男爵
  • 歩兵
  • 士候9 陸大19
  • 兵庫県
  • 明治9年5月10日 - 昭和20年11月20日自決

経歴

明治9年5月10日
明治30年11月29日 陸軍士官学校卒業(士候9)
明治31年6月27日 陸軍歩兵少尉
明治35年8月9日 陸軍大学校入学
明治37年2月9日 陸軍大学校中退
明治39年3月20日 陸軍大学校復校
明治40年11月30日 陸軍大学校卒業(第19期)
明治42年5月20日 陸軍歩兵少佐[1]
大正2年1月15日 参謀本部支那課支那班長
大正2年6月9日 陸軍大学校兵学教官
大正4年6月24日 陸軍歩兵中佐[1]
大正6年8月6日 参謀本部支那課
大正7年6月10日 陸軍歩兵大佐[1]
大正8年4月1日 歩兵第11聯隊
大正10年5月30日 参謀本部附張作霖顧問
大正11年8月15日 陸軍少将[1]
大正13年8月20日 歩兵第4旅団
大正14年5月1日 支那在勤帝国公使館附武官
昭和2年3月5日 陸軍中将[1]
昭和3年2月29日 第10師団
昭和6年8月1日 関東軍司令官
昭和7年8月8日 軍事参議官
昭和8年4月6日 侍従武官長
昭和8年6月19日 陸軍大将
昭和11年3月23日 待命
昭和11年4月22日 予備役
昭和13年4月18日 軍事保護院総裁
昭和20年5月19日 枢密顧問官
昭和20年11月20日 自決

栄典

勲章

明治31年7月21日 正八位
明治34年2月28日 従七位
明治37年8月17日 正七位
明治39年4月1日 功四級金鵄勲章(年金500円)
勲五等双光旭日章
明治三十七八年従軍記章[2]
明治42年7月20日 従六位
大正1年8月1日 韓国併合記念章
大正3年5月16日 勲四等瑞宝章
大正3年9月1日 正六位
大正4年11月7日 旭日小綬章
大正三四年従軍記章
大正7年7月10日 従五位
大正7年9月29日 勲三等瑞宝章
大正9年2月1日 功三級金鵄勲章
旭日中綬章
大正11年9月11日 正五位
大正15年9月25日 勲二等瑞宝章
昭和2年4月1日 従四位[3]
昭和4年5月2日 正四位[4]
昭和7年5月16日 従三位[5]
昭和8年3月23日 勲一等瑞宝章
昭和9年4月29日 功一級金鵄勲章
旭日大綬章
昭和10年6月1日 正三位
昭和10年12月26日 男爵
昭和15年8月15日 紀元二千六百年祝典記念章
昭和19年7月15日 従二位[6]

賞杯

昭和15年4月29日 金杯一組台付
昭和20年1月15日 御紋付木杯

外国勲章

明治42年9月8日 大清帝国三等第一双龍宝星
明治45年6月5日 フランス共和国レジオンドヌール勲章シュヴァリエ
大正5年7月11日 中華民国三等宝光嘉禾章
大正7年8月6日 中華民国三等文虎勲章
昭和4年4月23日 フランス共和国レジオンドヌール勲章コマンドゥール佩用允許[7]
昭和7年時点 中華民国二等文虎勲章
中華民国二等宝光嘉禾章[8]
昭和9年5月9日 満洲国大勲位蘭花大綬章佩用允許[9]
昭和16年12月9日 満洲国建国神廟創建記念章

出典

  • 外山操『陸海軍将官人事総覧 (陸軍篇) 』(芙蓉書房、昭和56年)